管理者の挨拶

 

 

 

管理者 繁原

皆さんこんにちは、管理者の繁原です。

 

シャロームは知的障害のある方達の地域での暮らしの場『グループホーム』を運営しております。現在、名古屋市内に6か所あり、各住居に36名の住人さんが生活しています。“まちの中に、仲間と一緒に、普通に暮らす”そんな当たり前の暮らしを送れる様、世話人、生活支援員がサポートし共に地域の中で暮らしています。『シャローム』という言葉はあまり聞き慣れないと思いますが、シャロームはヘブライ語で『平和』を意味し、日本語の「こんにちは」と同じく挨拶の言葉として用いられています。そんな、平和で楽しい地域生活を実現させる為、シャロームは制度がまだ乏しかった頃、約25年前よりグループホームを運営しており、どんなに障害が重くても地域で暮らしていけるという信念の基取り組んで来ました。これまで、ご家族の方や多くのボランティアの方、地域の方々に支えて頂きながら少しずつではありますがホームを拡大しています。現在、高齢化の問題や、働き手の不足など様々な問題は御座いますが、暮らしている多くの住人さんが安心して過ごし、笑顔になれる様スタッフ一同力を合わせて頑張っていきます。