さふらん会の理念

さふらん会には、「さふらんの心」という理念があります。

 

さふらんの心 共に生きる

キリストの愛に基づいて


◎知的障がい者のうめきと喜びを少しでも共にしていく。

◎社会で小さくされた者の尊厳を大切にし、守っていく

◎互いに協力し助け合っていく。

◎食を大切にすることで、命を育む

 

 社会福祉法人として当たり前のことばかりかもしれませんが、この当たり前の原点を大切にしたいと願います。なお、「うめき」というのは、新約聖書ローマの信徒への手紙8章にある言葉です。「被造物が今まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています(22節)。同様に、”霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、”霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです(26節)。」相手の「うめき」を感じ、それに共感していくとき、私たちは深い所でつながっていくことができます。